スポンサーリンク

この記事は広告を含みます。

ウイスキーの飲み比べで味わう、シングルモルトとブレンデッドの違い

小話

ウイスキーは、グレーンウイスキーやモルトウイスキーなど、さまざまな原材料をブレンドして作られるブレンデッドウイスキーと、100%モルト麦から作られたシングルモルトウイスキーの2つの種類があります。

ブレンデッドウイスキーは、複数の原材料をブレンドすることで、より複雑でバランスの取れた味わいを実現しています。これにより、生産量が多く、コストが低くなります。ブレンデッドウイスキーは、一般的にシングルモルトウイスキーよりも柔らかく、スムーズな味わいが特徴です。

シングルモルトウイスキーは、100%モルト麦から作られるため、よりフルボディかつリッチな味わいがあります。また、製造プロセスにおいて、一つの蒸留所で製造された原酒のみをブレンドすることが条件となっています。そのため、製造量が少なく、コストが高くなる傾向があります。

ここでは、ブレンデッドウイスキーとシングルモルトウイスキーの概要を紹介します。ウイスキー選びに悩まれている初心者必見の記事です。

ウイスキーの原料について

ウイスキーの原料は、大まかに分けると以下の2つになります。

  1. 麦芽(モルト):ウイスキーの主原料であり、大麦を麦芽化したものが使われます。麦芽化とは、大麦を水に浸して発芽させ、その後乾燥させることで、大麦のでんぷんを糖化させるプロセスのことです。この麦芽化により、独特の香りと味わいが生まれます。
  2. 穀物(グレーン):ウイスキーによっては、麦芽以外の穀物も原料として使用されます。主に使われる穀物は、コーンや小麦、ライ麦などです。これらの穀物をミルで細かく砕いてから、糖化することで、ウイスキーの原料として使われます。

以上が、ウイスキーの主要な原料となります。また、水もウイスキーの重要な原料の一つであり、銅製の蒸留器で蒸留する際には、純度の高い水が必要となります。さらに、樽で熟成する際にも、使用する樽の中に含まれる木材から風味や香りが移るため、樽材もウイスキーの原料の一つと言えます。

シングルモルトウイスキーとは何か?

シングルモルトウイスキーとは、モルト麦100%で作られ、同じ蒸留所で生産された原酒のみをブレンドして作られるウイスキーのことです。モルト麦は、麦芽化と呼ばれるプロセスを経て作られ、このプロセスにより麦芽独特の香りと味わいが生まれます。

蒸留所の地域や特徴、製造工程などによって、様々な味わいを持っています。また、年数が長いものほど味わいが深くなる傾向があり、一般的に高価格帯のウイスキーとして知られています。

ウイスキーの中でも高い品質と評価を受けており、ウイスキー愛好家からの支持も高いです。

※代表的な銘柄(マッカラン)王道のシェリー樽

おすすめ度:4.0

ブレンデッドウイスキーとは

ブレンデッドウイスキーとは、モルト麦以外の穀物(グレーン)ウイスキーや、複数のシングルモルトウイスキーをブレンドして作られたウイスキーのことです。ブレンデッドウイスキーは、一般的に生産量が多く、コストが低いため、より手軽に楽しむことができます。

複数の原料をブレンドすることにより、より複雑でバランスの取れた味わいを実現しています。グレーンウイスキーの加えることにより、より軽やかな味わいになる傾向があります。また、一部の高級なブレンデッドウイスキーには、希少なシングルモルトウイスキーが使用されている場合もあります。

また一般的に柔らかく、スムーズな味わいが特徴で、大量生産により価格帯も比較的低くなっています。そのため、広く親しまれているウイスキーの一つです。

※代表的な銘柄(ジョニーウォーカー)ブラックラベルがバランスが良い

おすすめ度:5.0

原料の違いによる味わいの違い

モルトとグレーンは、ウイスキーの原料として異なる穀物が使用されるため、それぞれ独特の味わいを持っています。

モルトは、大麦を麦芽化して作られる原料であり、ウイスキーに深い味わいと香りをもたらします。モルトを使ったシングルモルトウイスキーは、独特の芳香やフルーティーな味わいが特徴で、喉ごしも滑らかで、しっかりとしたボディがあります。

一方、グレーンは、大麦以外の穀物を原料として使用するため、モルトに比べると軽やかな味わいを持ちます。グレーンを使ったウイスキーは、甘く柔らかい味わいが特徴で、よりスムーズな口当たりがあります。また、グレーンウイスキーは、モルトウイスキーに比べてコストが低いため、ブレンデッドウイスキーの原料として広く使用されます。

これらの特徴から、ウイスキーの味わいは、使用された原料や製造方法によって大きく変わってくるため、それぞれの個性を楽しむことができます。

製法の違いによる味わいの違い

ブレンデッドウイスキーとシングルモルトウイスキーは、それぞれ異なる製法で作られるため、味わいにも違いがあります。

まず、シングルモルトウイスキーは、100%モルトを使用して作られるため、豊かな香りと深い味わいが特徴です。また、原料となる麦芽や、使用する水の地域特性によって、産地ごとに独自の味わいがあります。例えば、スコットランドのアイラ島で作られるシングルモルトウイスキーは、独特のタールや煙の香りがあり、非常に個性的な味わいが特徴的です。

一方、ブレンデッドウイスキーは、複数の原酒をブレンドして作られるため、様々な風味や香りが調和したバランスの良い味わいが特徴です。また、原料となるモルトとグレーンの割合や、使用する樽の種類などによって、味わいのバリエーションが広がります。一般的に、ブレンデッドウイスキーは、シングルモルトウイスキーよりもスムーズな口当たりを持ち、柔らかい味わいが特徴的です。

ただし、シングルモルトウイスキーでも、アイラ島やスペイサイド地区など、産地や製造方法によって味わいが異なるため、個々の商品によって味わいが異なります。同様に、ブレンデッドウイスキーでも、使用する原酒の割合や種類、ブレンドする時期や方法によって味わいが変わるため、一概に味わいの違いを説明することはできません。

※複数の蒸留所のモルトのみをブレンドしたブレンデッドモルト

おすすめ度:3.5

価格帯とコストパフォーマンスの違い

シングルモルトウイスキーとブレンデッドウイスキーの価格帯は、一般的に以下のようになっています。

  • シングルモルトウイスキー: 5,000円〜数十万円以上
  • ブレンデッドウイスキー: 1,000円〜10,000円程度

シングルモルトウイスキーは、一本あたりの生産量が限られているため、高価格帯になる傾向があります。また、製造方法や原材料の品質にこだわり、長期間熟成させることで、深い味わいと個性を持った商品が多いため、高額な価格が設定されることがあります。

一方、ブレンデッドウイスキーは、モルトとグレーンをブレンドすることで、原材料のコストを抑えながらも、多様な味わいを実現しています。そのため、比較的低価格で販売されることが多く、幅広い層に愛されています。

ただし、価格だけで判断するのではなく、コストパフォーマンスも重要なポイントです。シングルモルトウイスキーは、高価格帯になることが多いですが、その価格に見合った味わいや品質があるため、愛好家からの支持が高いです。一方、ブレンデッドウイスキーは、価格が手頃で、多様な味わいを楽しめるため、初心者や気軽にウイスキーを楽しみたい人にもおすすめです。

最終的には、自分が求める味わいや予算、目的に応じて、適切な商品を選ぶことが大切です。

※安価なボトラーズも存在しており、複数の蒸留所のシングルモルトを掛け合わしたブレンデッドモルトなら格安で入手できる。

おすすめ度:3.0

初心者におすすめの飲み方

初心者の方におすすめのウイスキーの飲み方は、ストレートやロックで飲む方法です。これらの方法は、ウイスキー本来の味わいを楽しむことができるため、ウイスキーの特徴や個性を感じることができます。

ストレートで飲む場合は、ウイスキーグラスにウイスキーを注ぎ、そのまま飲む方法です。ロックで飲む場合は、ウイスキーグラスにウイスキーを注いだ後、氷を入れて飲む方法です。氷を入れることで、ウイスキーが水っぽくなることがありますが、氷を入れることで香りや味わいが広がるため、好みに応じて試してみてください。

また、ウイスキーはお湯割りやソーダ割り、ジンジャーエール割りなどの割り方もあります。これらの方法は、ウイスキーの味を薄めることで、初めての方でも飲みやすくなる場合があります。ただし、割り方によっては、ウイスキーの味わいや個性が失われる場合があるため、初めての方はストレートやロックで飲む方法を試してみることをおすすめします。

おすすめのシングルモルトブランド5選

ここではおすすめのシングルモルトを5選紹介します。

マッカラン(The Macallan)

スコットランドのスピリッツメーカーであるマッカランは、高級なシングルモルトウイスキーを製造しています。熟成期間が長く、深みのある味わいが特徴で、世界中で愛されています。

詳細はこちら

グレンフィディック(Glenfiddich)

スコットランドのスピリッツメーカーであるグレンフィディックは、スムースで芳醇な味わいが特徴のシングルモルトウイスキーを製造しています。豊富なラインナップがあり、初心者から上級者まで幅広く楽しめるブランドです。

詳細はこちら

ラフロイグ(Laphroaig)

スコットランドのアイラ島にあるラフロイグは、非常にスモーキーでピート香が強いシングルモルトウイスキーが特徴のブランドです。スモーキーでクセのある味わいが好きな人にはおすすめです。

バルヴェニー(Balvenie)

スコットランドのスピリッツメーカーであるバルヴェニーは、ハニーのような甘みが特徴的なシングルモルトウイスキーを製造しています。複雑な味わいを持ち、優雅で上品な雰囲気があります。

タリスカー(Talisker)

created by Rinker
¥4,378(2024/04/15 02:29:58時点 楽天市場調べ-詳細)

スコットランドのアイラ島にあるタリスカーは、芳醇でスモーキーな味わいが特徴のシングルモルトウイスキーが製造されています。海洋風味が強く、アイラ島の風土が反映された味わいが楽しめます。

おすすめのブレンデッドブランド5選

ここではおすすめのブレンデッドを5選紹介します。

シーバス・リーガル (Chivas Regal)

リーガルシーバスのフィニッシュは、長く続くと評価されています。スモーキーさはあまり感じられず、代わりに優雅な余韻が残ります。

ジョニー・ウォーカー(Johnnie Walker)

ジョニーウォーカーは、複数のシングルモルトウイスキーをブレンドして作られており、独特な複雑な味わいが特徴です。芳醇なフルーティーな香りやスモーキーな味わいが感じられ、飲み手を魅了します。

バランタイン

バランタインは、複数のシングルモルトウイスキーをブレンドして作られており、独特の複雑で豊かな味わいが特徴です。芳醇な香りや滑らかな口当たりがあり、飲み手を魅了します。

デュワーズ (Dewar’s)

デュワーズは、複数のシングルモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドして作られており、滑らかで柔らかい味わいが特徴です。ハチミツのような甘い香りがあり、バニラや蜂蜜のような甘味も感じられます。

ジェイムソン(Jameson)

アイルランドのスピリッツメーカーであるジェイムソンは、まろやかな味わいが特徴のブレンデッドウイスキーを製造しています。カクテルにも使われることが多く、初心者から上級者まで幅広く愛されています。

初心者はまずはブレンデッドからチャレンジ

初心者の場合、まずはブレンデッドウイスキーから試してみることをおすすめします。ブレンデッドウイスキーは、複数の原酒をブレンドすることで、まろやかでバランスのとれた味わいに仕上がっています。そのため、初めて飲む方でも飲みやすく、親しみやすい味わいが特徴です。

一方、シングルモルトウイスキーは、1つの蒸留所で作られた原酒を使用しているため、個性的で濃厚な味わいが特徴です。そのため、初めて飲む方にとっては、飲みづらい場合もあるかもしれません。

ただし、最終的にどちらが好みかは個人差があります。ブレンデッドウイスキーから入って、徐々にシングルモルトウイスキーにも挑戦して、自分の好みを探してみるのも良い方法です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました