スポンサーリンク

この記事は広告を含みます。

ブルックラディの味わいや種類などを解説

アイラ

ブルックラディは、スコットランドのアイラ島で作られているシングルモルトです。

この地方ではスモーキーなピート(泥炭)がよく取れるため、ウイスキーの原料であるモルトの乾燥によく使われます。

それがウイスキーのスモーキーさを作り出すのですが、ブルックラディでは

ノンピートの《ブルックラディ》

ヘビーピートの《ポートシャーロット》

世界一スモーキーと言われる《オクトモア》

と、多彩なバリエーションのウイスキーを製造しています。

同じ蒸留所で、ノンピートから世界一ピーティなテイストまで作っているブルックラディは、非常に珍しい蒸留所だと言っていいでしょう。

そんなブルックラディについて詳しく解説します。

ブルックラディの特徴

ブルックラディとは、ゲール語で「海辺の丘の斜面」を意味する言葉です。

背が高く細いネックのポットスチルで、長い時間をかけて蒸留が行われます。

アイラ島での雇用を大切にするため、全ての工程を同蒸留所で行い、設立された頃の設備をずっと使っています。

日本語で言えば、「地産地消」ということになります。

味わいについて

ブルックラディは、アイラ島の中では珍しいノンピート製法を取り入れている銘柄の一つです。

味わいとしてはとてもバランスが取れており、トロピカルフルーツ(マンゴーやパパイヤ)を彷彿とさせるような甘い香りと上質なバーボン樽のバニラや蜂蜜のような甘い香りが感じられます。

初心者から上級者まで楽しめ、トロフィーな味わいを是非試してみてください。

おすすめの飲み方

ブルックラディのおすすめの飲み方は、ソーダ割り(ハイボール)がおすすめです。夏場トロフィーな味わいとバニラ香りと炭酸の爽快感が素晴らしい銘柄です。

ポートシャーロットやオクトモアなどピート香りが強い銘柄はロックで変化を楽しみながら飲むと最高です。

他にもトワイスアップやストレートなども美味しく楽しむことができます。

ブルックラディの種類

ブルックラディで製造しているウイスキーについてご紹介します。

ザ クラシック ラディ スコティッシュ・バーレイ

ブルックラディで最も有名な銘柄です。

以前はスコティッシュ バーレイというボトル名前で販売されていました。

一目でそれと分かるエメラルドグリーンのボトルに書かれた白文字の

「BRUICH LADDICH  THE CLASSIC LADDIE」

はよく目立ちます。

原料はスコットランド産の大麦100%、ノンピートのアイラシングルモルトです。

海岸沿いの倉庫で原酒を熟成し、アイラ島の湧水を使用して蒸留所でボトリングしています。

フルーティな香りが特徴で、バニラとミントの香りがまず開き、その後は花の香りが広がります。

度数は50度ありますが、加水の割合で様々なテイストに変化します。

ブルックラディを知るには、まず飲んでおきたい1本です。

ポートシャーロット スコティッシュ・バーレイ

麦芽の乾燥にピートを使用しており、ピート香の効いたスモーキーな味わいが特徴です。

ブルックラディ蒸留所で2001年より製造が開始されています。

それ以降毎年、【ポートシャーロット PC6(6年熟成)】などをリリース。

PC12までありますが、日本には入荷していないものも多いです。

度数は50度ありますが、奥から感じられる甘いテイストが特徴です。

オクトモア

new【量り売り】ブルィックラディ オクトモア 13.1 スコティッシュバーレイ 59.4度 30ml ウイスキー お試し

ウイスキーのスモーキーさを測る指標に「フェノール値」があります。

ppmで表されますが、これが高いほどスモーキーな味わいとなります。

オクトモアは80~300ppmで、スモーキーさで有名な「ラフロイグ」でも40~55ppm、アードベックでも60ppm前後ですから、オクトモアがいかにスモーキーかが分かろうというものです。

その秘密は、長時間ピートを焚き込み、首の長いポットスチルで蒸溜している点にあります。

50度以上の度数がありますが、単にスモーキーなだけではない、複雑な味わいも併せもっています。

おすすめの飲み方は、ストレートはトワイスアップです。加水する加減によって味わいが変わりますし、飲みやすくもなります。

ブルックラディの歴史

ブルックラディの創業は1881年、ハーヴェイ3兄弟(資料によっては兄妹)によって、最新鋭のアイラモルト蒸留所として始められました。

当初から個性的なアイラモルトを特徴としたブレンデッドウイスキーを多く製造してきましたが、1929~1937年に生産停止を余儀なくされます。

1994年にはとうとう閉鎖されましたが、2001年に再稼働されました。

2001年の再操業以来、ワインで一般的な「テロワール」の考えをウイスキーに取り入れた蒸留所です。

「テロワール」とは、ワイン作りでよく言われる言葉で、ブドウ畑を取り巻く自然環境要因を指します。

ブルックラディでは、「テロワール」の考えに基づき、強いこだわりを持ってすべての原料をスコットランド産にしています。

世界中から評価されるブルックラディ

ブルックラディは数多くのコンペティションで高い評価を受ける銘柄の一つです。

直近では、2011年にインターナショナル・ワイン&スピリッツコンペティションで「最高金賞」、2013年にはサンフランシスコ・ワールドウイスキーコンペティションで「ベスト・シングルモルトスコッチ」を受賞しています。

一度閉鎖をされて、比較的に若い蒸留所ですが、短期間で数多くの結果を出していますね。

比較対象の銘柄について

ここでは、ブルックラディを検討してる方に比較対象の銘柄をセレクトしてみました。比較的に手に入りやすいシングルモルトに絞っています。

よりフルーティーな味わいを楽しみたい方

ブルックラディよりフルーティーな味わいが楽しみたい方には、グレファークラスがおすすめです。シェリー樽入門と言われるような銘柄で、レーズンやプラムを彷彿とさせるようなフルーティーな香りが感じられます。

詳細はこちら

スモーキーなアイラモルトを楽しみたい方

アードベッグ 10年 46度 700ml 正規品※おひとり様6本迄(アードベック)_あす楽平日正午迄_[リカーズベスト]_[全品ヤマト宅急便配送]お家 家飲み

ブルックラディはノンピートの銘柄のため、アイラ独特のピート香りは感じられません。同じ蒸留所の銘柄のポートシャーロットなども高いフェノール値を誇りますが、アードベッグ10年のフルーティーかつピーティーな味わいを是非試していただきたいです。

詳細はこちら

ブルックラディのまとめ

ブルックラディで製造している代表的な銘柄を3つご紹介しましたが、現在に至るまで200種類を超える銘柄を製造しています。

いずれもテロワール製法で製造されたウイスキーですから、味や香りからアイラ島の風土が感じられることでしょう。

ブルックラディには、他のウイスキーにはない味わいがあり、アイラモルト特有のクセも

あまりありません。飲みやすいとも言える味は、ウイスキー初心者にもおすすめです。

まずは「クラシックラディ」から始めてみることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました