スポンサーリンク

PR

モンキーショルダーはまずい?美味しい?評価と特徴について

スペイサイド

こんにちはのめるです。複数の蒸留所のシングルモルトを組み合わせるブレンデッドモルト今回はその中でもトップクラスの知名度を誇るモンキーショルダーについて概要や味わいた評価、種類などをまとめてみました。

3つの人気蒸留所が織りなすハーモニーが特徴的。是非、これを機にモンキーショルダーについて挑戦してみてはいかがでしょうか?

モンキーショルダーはまずい?どんなウイスキー?

モンキーショルダーは2005年にウィリアム・グラントサンズ社によってリリースされたウイスキーです。コンセプトとしてはカクテルやミックスドリンクを楽しむ層に向けてミキシングに向いたブレンドされたカジュアルなウイスキーです。

複数のスペイサイドモルトを組み合わせて華やかで調和が取れた「ブレンデッド・モルト」というジャンルに属しており、上記の特徴からカクテルベースとしても有名です。

老舗ウィリアムグラント・サンズが生み出す銘酒

ウィリアムグラント・サンズ社は1887年に設立された老舗でグレンフィディックやバルヴェニー、キニンヴィ蒸留所などの有名な蒸留所を所有しており、今でも続く家族経営の企業でスペイサイドを牽引しています。

モンキーショルダーはこれらグラント・サンズの蒸留所の原酒をキーモルトにブレンドされていると言われており、グレンフィディックやバルヴェニーが好きな方におすすめです。

モンキーショルダーの由来

「モンキーショルダー」という名前は、フロア・モルティングという麦芽を発芽させ燻す作業の一貫でフロア内のモルトをシャベルを掻き回す作業を行う職人の発達した肩を「モンキーショルダー」と呼んでいたことから、ウイスキーの名前として採用されました。

ボトルに描かれている三本の爪のようなデザインはウィリアムグラント・サンズが所有する3つの蒸留所からきています。

英国で権威のある業界誌に掲載される

英国の権威のある飲料業界誌「Drinks International」が実施した2019年「Auunal Bands Report」で、スコッチ部門の「トップトレンド」と「ベストセリング」における1位を獲得しました。

「トップトレンド」部門については、6年連続1位の座に輝いております。他にも数多くの業界誌に取り上げられております。

おすすめの飲み方

モンキーショルダーはストレートやロック、ハイボールなど様々な飲み方をしても美味しいウイスキーですが、元々カクテルベースをコンセプトに開発された銘柄なため様々な飲み方が紹介されております。一部抜粋して紹介

モンキージンジャー

材料
モンキー ショルダー 50ml
ドライジンジャーエール 120ml
カットオレンジ 1切れ

作り方
ロンググラスを氷で満たす
モンキーショルダーとドライジンジャーエールを注ぐ
優しくステアし、カットオレンジを飾る

https://global.monkeyshoulder.com/ja-jp/cocktails/ginger-monkey

モンキーショルダー特有の華やかなモルト香りと生姜とフレッシュな果実の香りが感じられるカクテルベースです。

ロブロイ

材料
モンキーショルダー 50ml
スイートベルモット 25ml
アンゴスチュラ ビターズ 3ダッシュ
オレンジ ゼスト

作り方
モンキーショルダー、スイートベルモット、アンゴスチュラ ビターズを混ぜ合わせる
氷を入れてしっかり冷えるまでステアする
ストレーナーで濾しながら、冷やしたマティーニ グラスかクープ グラスに注ぐ
オレンジ ゼストを飾る

https://global.monkeyshoulder.com/ja-jp/cocktails/rob-roy

ロブロイとはマンハッタンという有名なカクテルのライウイスキーをスコッチウイスキーに変えたものです。度数の高いリキュールを合わせゆったりと飲むカクテルになります。

モンキーショルダーの種類

ここではモンキーショルダーの種類を紹介します。

モンキーショルダー

原料:モルト
容量:700ml 40度
地域:スコットランド
価格:3,109円

繊細でスムースな味わいのウイスキーです。オレンジピールのような香りとバニラのような甘いオーク香りが特徴的。ほのかにナツメグやクローブを思わせるようなスパイシーさも感じます。

おすすめ度:4.2

モンキーショルダー スモーキーモンキー

原料:モルト
容量:700ml 40度
地域:スコットランド
価格:7,150円

スモーキーモンキーは、厳選したピーテッドモルトとノンピーテッドモルトをバッティングしたブレンデッドモルトです。モンキーショルダー同様、オレンジピールのような香りとバニラのような甘いオーク香りと若干のピート香りを感じることができます。

モンキーショルダーに比べカクテルベースよりストレートやロックが似合うボトルです。

おすすめ度:4.2

グレンフィディック12年

原料:モルト
年数:12年
容量:700ml 40度
地域:スコットランド
価格:3,600〜4,200円

モンキーショルダーのキーモルトの中でも飛び抜けて知名度の高い銘柄。

シングルモルトのど定番で青リンゴの香りが特徴的で万人受けする味のシングルモルトです。初心者から上級者様々なウイスキーファンに愛されております。

おすすめ度:4.7

モンキーショルダーで悩んでいる方におすすめの銘柄

モンキーショルダーと他銘柄で悩まれている方も多いかと思われます。おすすめのブレンデッド・モルトをセレクトしてみたので検討材料に追加してみてください。

スコッチのブレンデッド・モルトといえば

原料:モルト
年数:15年
容量:700ml 40度
地域:スコットランド
価格:4,500〜5,000円

スコッドランドのブレンデッド・モルトでおそらく一番流通量が多いであろう銘柄です。円安と原酒不足の影響で値上がり傾向にありますが、スモーキーさとモルトの香りが心地良い銘柄です。

おすすめ度:4.7

ハーモニーを楽しむブレンデッド・モルト

原料:モルト
年数:NA
容量:700ml 40度
地域:日本・スコットランド
価格:3,200〜4,500円

ニッカの有名なブレンデッド・モルトに竹鶴というものがあります。こちらはその後継に近いモデルです。ニッカが保有する余市蒸留所、宮城峡蒸留所、ベンネヴィス蒸留所のモルト原酒に構築したウイスキーです。

値上がり傾向のモルトウイスキーの中でも良心的な価格です。別にまずい銘柄ではないのに何故か不人気で手に入りやすい点も魅力。

おすすめ度:4.7

まとめ

スペイサイドのブレンデッドモルトといえば、モンキーショルダー。大人気のグレンフィディックやバルヴェニー、キニンヴィというグランツ社のシングルモルトを楽しめ、バーテンダーに好まれるカクテルベースにも使えます。

この機会に是非、ブレンデッドモルトにチャレンジしてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました