PR

タムデューついて特徴や味わい、価格、熟成年数など解説!隠れた名作シェリー樽熟成

スペイサイド

シェリー樽熟成の樽といえば、マッカランやグレンドロナック、グレンファークラスが非常に人気が高い銘柄です。

しかし、スコッチにはまたまだシェリー樽熟成のウイスキーが沢山あります。

日本ではあまり知名度がありませんが、タムデューもその三銘柄に負けないぐらいシェリー感を楽しめる一本なので、是非ともこれを機にご賞味ください。

タムデューの特徴・概要

タムデューは、スコットランドのノッカンドゥ村で作られるスペイサイドモルトウイスキーです。この地域は水源が豊かで数多くの蒸留所が存在しています。

シェリー樽100%使用のスコッチウイスキー

なんと言ってもタムデューの特徴は、100%シェリー樽で熟成されている点が魅力です。他の蒸留所の構成を見ると大体15〜20%程度しかシェリー樽が使われていないところが多いので、タムデューのこだわりが感じとれます。

シェリー樽とは、スペイン・アンダルシア州のヘレス地域で製造される酒精強化ワインの一種です。

元々、ワインを輸送する際に腐らないように蒸留したアルコールを添加することで船旅や陸路でも日持ちするように改良されたワインです。

甘口ワインから辛口のワインまで様々な種類のシェリー酒があります。

シェリー酒を熟成するときに使われた樽でウイスキーを熟成すると、レーズンや熟れたプラムのような華やかなウイスキーに仕上がります。

フェイマスグラウスやカティーサークなどの原酒で活躍

created by Rinker
¥2,362(2024/06/21 00:09:44時点 楽天市場調べ-詳細)

タムデューの原酒のほとんどがブレンデッドウイスキーで使われています。

フェイマスグラウス・カティーサーク、J &Bどれも世界的に知名度の高い銘柄で日本でもスーパーや薬局、コンビニなどでも売っていたりします。

日本に比べでスコットランドは蒸留所が多くブレンデッドウイスキーにいろんな蒸留所のウイスキーが使われています。

サラディン方式を採用したモルティング

タムデューはサラディン方式を取り入れたモルティングを採用していました。

モルティングとは、スコッチウイスキーの原料である大麦を糖化されることによってアルコール発酵をしやすくする工程を指します。

大麦を糖化させるためには発芽をさせなければいけないので、適切な温度管理や空気の循環を作らなければいけません。

サラディン方式は、サラディンボックスというプールサイズの部屋に麦芽を入れて下から空気を当てつつ、船のスクリューに似た機械で攪拌させる仕組みになっています。

2011年イアン・マクラウドグループに買収されるまでは自社で麦芽を調達していたとのこと。現在ではモルトスターから購入しているとのこと。

タムデューの種類

タムデュー12年

サンフランシスコワールドスピリットコンペティション2020年で金賞を獲得したスタンダードボトルです。

オロロソシェリー樽で12年熟成させた原酒を中心に構成されています。ラグジュアリーなボックスとスタイリッシュなボトルデザイン。
シェリー感が楽しめるビターな一本。

Check

香り:リッチで魅力的なアイスシナモンロール、オレンジボイルドスイーツ、レーズン入りのフィニッシュ

味わい:バナナ、ベリージャム、ビスケット、クラッシックなシェリーオークの深み

フィニッシュ:心地よく長く引いたスパイス、ドライフルーツ、ほのかなピート感

タムデュー15年

created by Rinker
¥15,000(2024/06/21 00:09:44時点 楽天市場調べ-詳細)

インターナショナルワイン&スピリットコンペティション2021年で金賞を受賞しました。

ノンチルフィルタードでアルコール46%の15年と濃厚な味わいが楽しめる濃厚な一本です。

Check

香り:パイナップルとフェンネル、リンゴ、スパイスの効いたスグリ、オレンジピールのような香り。

味わい:ジューシーなアプリコットとフレッシュなラズベリー、レモンタルト、クリーミーなアーモンド感

フィニッシュ:モルトビスケット、クリームシェリー

タムデュー18年

蒸留所創設125年を記念したボトルです。スモールバッチの限定品で正統派なシェリーカスクの味わいが感じられます。

Check

香り:ナッツやアーモンド、ピスタチオを彷彿とさせるようなナッティー感と葡萄のような香り、蜂蜜を塗ったトーストを焼いたようなニュアンス

味わい:焦がし砂糖を口の中で転がすような甘いさと、林檎や葡萄を思わせるようなフルーティーさが特徴的。

フィニッシュ:シナモンやクローブなどを思わせる甘いスパイスのニュアンスが口に残ります。

フェイマスグラウスについて

タムデューは、マッカランやハイランドパークとともにフェイマスグラウスの原酒として有名です。

必ずしもシングルモルトの原酒とブレンデッドの原酒が一緒ではないですが、これだけの銘柄をいっぺんに楽しめるというのは利点だと思います。

日本でも根強いファンが多く、取り扱っている酒屋も多いです。。

ザ・フェイマスグラウス

created by Rinker
¥2,362(2024/06/21 00:09:44時点 楽天市場調べ-詳細)

雷鳥のボトルデザインが特徴的です。6年以上熟成させた原酒を使用。

非常に軽やかでラムレーズンの様なフルーティーな味わいします。

フェイマスグラウス スモーキーブラック

スタンダードのフェイマスグラウスはノンピートの原酒で構成されていますが、こちらはスモーキーな味わいが特徴的。

ザ・フェイマスグラウスが終売したので、こちらが現在のスタンダードボトルです。

歴史について

タムデュー蒸留所は1896年に創設、この時期には、スペイサイドにも鉄道網が整備されていて数多くの蒸留所が建設されました。運営に携わったのは、グレンフィディックでお馴染みのウイリアム・グランドが率いるブレンダーチームが運営。

しかし、ウイスキーはパディソン事件によって大幅に株価が下落、1899年にはエドリントングループがタムデューを完全保有しておりましたが、1927年ごろから閉鎖。

その後、2010年からイアン・マクラウドグループが所有しています。

タムデューを試してみたい人におすすめの銘柄

タムデューのようなシェリー樽のニュアンスが好きな方には、グレンファークラスがおすすめです。

こちらも100%シェリー樽で作られるシングルモルトウイスキーになります。スコットランドでは珍しい直火蒸留を取り入れており、モルトの濃ゆい味わいとレーズンやプラムのような香りが特徴的な銘柄です。

価格も安くシェリー樽入門の銘柄と言われております。

まとめ

タムデューは非常に地味な銘柄と言われていますが、骨太のシェリー系のシングルモルトウイスキーです。

ぜひ、これを機にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました